1日目

 イーストエンドの名物マーケットで、木曜日には
 アンティーク市が開かれます。
 アンティーク物だけでなく古着から北欧雑貨、
 手作り雑貨まで・・
 イギリスアンティーク市初心者にはうってつけの
 バラエティにとんだマーケットでした!!
 それでも日本では見たこともない規模とコアな商品たちに
 一日目にして目眩がするほどの興奮を覚えながらの
 スタートでした(^^;)

 
もはや素人が手を出せないレベル・・
いったいどういう需要が・・と思うもの
多数ですが、コアなファンが世界中から
宝物探してやってくるのですね。

買いに来ているひとたちも真剣です。
自分が納得するまで吟味したり、
お店の人と会話しながら見ていけるのが
ほんとに楽しい!
もう少し英語を勉強してくるべきでした・・

マーケットのもうひとつの楽しみは、
どこのマーケットにもあるこぼれんばかりに
積まれたフードたち!
イングリッシュマフィンだけでなく
ドーナツやサンドイッチなど
そしてなぜかおしゃれに見える不思議・・
  



  
  2日目

 2日目はケント州まで足を伸ばして「もっとも美しい城」と
 言われているリーズ城へ。今回観光らしいものはここだけです。
 900年の歴史あるこのお城はほんとに素晴らしかったです。
 2時間ほどの観光なので城内だけでしたが、広大な敷地内には
 迷路や洞窟などの楽しい施設もあるそうです。
 

リビングから寝室まで、いくつもあって
いったい何LDKなの!
という見応えの部屋数です。
調度品の美しさやこだわりに日本とは
また違う美意識をこれでもかというほど
感じることができます。

廊下に射す外光や間接照明で
なお幻想的な雰囲気に・・
時間が経つのも忘れる空間です。

お堀や庭に白鳥や黒鳥が・・・
優雅すぎます。



  
  3日目

 
 今回の最大の目的、ロンドンのノッティングヒルで毎土曜に
 開催されるロンドン最大のアンティーク市、ポートベロー。
 9時頃には人人人の波で歩くのもやっとという感じに。。
 それだけ観光客、アンティークファンにとっては有名な市です。
 専門的なアンティークものから家庭用品まで、、
 宝探しの気分で夢中になれます!
 

この混雑ぶりがなかなか写真では
伝わらないかもですが、
店に入るのも出るのも一苦労です。
でもみんな本当に楽しそうに
自分のお気に入りをゆっくり探している
ので人混みなのに居心地いい空間です。。

アクセサリーを物色中の私です。
みんながどんどん英語で値段交渉を
していく中で、もじもじ、こわごわの
お買い物・・
映画「ノッティングヒルの恋人」の撮影
で使われた本屋さん。
さすがにファンの多い映画だけあって
ここもすごいひとだかり。みんな順番に
写真撮影。
  
ここでは本当にたくさんの本物のアンティークを手にすることができました。「まだ動くんだよ」と得意気に話す店主からは
古くても価値あるものに対する愛情が伝わってきました。



  

イングリッシュガーデンというくらいなので
庭の美しさは想像していましたが、家の庭
だけでなく、ショッピング街の街角など
いたるところに手入れの行き届いたお花が。

また、地震のない土地柄、古いレンガ作りの
素敵なお家が代々受け継がれて今も大切に
されていることが、この美しい景観を
生むのだと思います。

アパートメントのカラフルな壁や扉も
遊び心があるのに風景に溶け込んでいる・・
これって隣の人と色を相談するのかな・・
なんて想像してみたり。

調和のとれた空間は、人の心までリラックス
させてくれると肌で感じました。



  
  4日目

 4日目はイギリス南東部にあるアンティークの村、「ライ」など
 郊外の町へ。。町から町へ海沿いの道を車で走りながら
 ときどき車を止めてブラブラ・・
 ロンドンなどの街では味わえない豊かな自然と、ゆっくり暮らす
 人々の生活を垣間見ることができました。
 


 郊外のアンティークの町はロンドンとはまた違う趣です。太陽の日差しをいっぱいに受けて
開放的なお店や、町の人たちが集うカフェが町並みの中に溶け込んでいます。
  



  




 
今回訪れた町で、一番心奪われた町「ブライトン」です。
イギリス人も休暇に訪れる避暑地。海の町ならではの開放感と、休暇中の人々の笑い声が合わさって
「幸福感」という言葉が浮かぶ町でした。







  
  5日目

 郊外の町から再びロンドンへ。
 いわゆる観光地の美術館周りなどは本当にすごい人で、
 田舎町から戻ってくるとその人ごみに辟易する感じですが、
 それでも少し路地に入れば、落ち着いた町並みや
 アンティークショップを見つけることができます。
 


  



  
  6日目

 最終日、飛行機の時間までいわゆるホームセンターへ。
 日本も相当な品揃えの店が増えてきましたが、ロンドンも
 なかなかのものでした!そしてホームセンターと思えない
 おしゃれ感
。やはり家の装飾や庭作りが大好きなだけあって
 そういうものの需要が高いゆえだと感じました。
 そのあとはかわいい雑貨店めぐり。見るもの見るもの
 撮影で使えそうで、ワクワクしました♪
 

  



  
長々とつたない旅行記を読んでくださいましてありがとうございました。
今回の渡英の目的は撮影小道具の買い付けでしたが、自分が心惹かれるものたちを真剣に探した結果
ものだけでなく生活スタイルや、古いものを大切にする心なども肌で感じることができて
本当に有意義な一週間でした。今回得たものを早くみなさんと共有したり還元できるように
取り組んで行きたいと思っています。


ファンタジーで待ってます♪